Top'sの紅茶ケーキを食べた

Top'sのチョコレートケーキは、地元には店舗がなかったので、知ったのは大人になってから。

赤坂トップス

ぽってりとかかったクリームはロマンに溢れていて、中のクルミもいいアクセント。

Top'sを知ってからは、何かあると買ってもらったり、義母が遊びに来るときに買ってきてくれたり、まさに幸せのケーキといった立ち位置だ。

そういえば前に、チョコレートケーキばかりじゃあねとチーズケーキを買った際、紅茶ケーキも食べたことないねと話していたのを思い出した。

抱っこ紐の中の赤子と相談し、今回初めて買ってみた。

f:id:oh_musubi:20170618230208p:image

華やかなラメがキラキラしてて、他のケーキのぽてぽてとしたのとは違う、角のある波模様があしらってある。

f:id:oh_musubi:20170618231430p:image

クリームも控えめ、スポンジも固め、紅茶の香りがぱーっと広がる、大人のケーキだった。

おいしいと喜んでもらえて、よかった。初めての父の日、おめでとう。

アップルジェリーのレシピ

f:id:oh_musubi:20170603230135p:image

気づけばりんごの季節が終わっていた。

サンクトガーレンのパイナップルエールが始まって、先日食べた枇杷も走りらしい爽やかさがあった。

梅雨の足音が近づいている。

 

Instagramを振り返っていたら、2014年11月に、りんごでジェリーを作っていた。そういえば近所の果物屋さんで買ったのを覚えている。

“丁寧な手仕事”といった工程のものだから、これは次、いつ作るかわからない。メモというよりは、お焚き上げのニュアンスで残しておく。

 

りんごを5個(1.5kg)使い、ジャム瓶3〜4個分くらいできあがったはず。

りんごに含まれるペクチンで固めるので、凝固剤は用意しない。

 

材料

  • りんご 適量
  • 水 りんごと同量
  • 砂糖または氷砂糖 後述の量

 

下準備

  • 保存用の瓶を煮沸消毒する。瓶を鍋に入れて、浸かる量の水を張り、水から湯がく
  • したみ汁を受ける器の重さを計っておく

 

手順

f:id:oh_musubi:20170603230830p:image

  1. りんごの重さを計る
  2. 同量の水で、くたくたになるまで3時間煮るf:id:oh_musubi:20170603231003p:image
  3. 器、ザル、キッチンペーパーの順で台に置く
  4. その上に、りんごを布巾か布袋に包んで吊るし、絞らずに一晩かけてしたみ汁を採る
  5. したみ汁の重さを計る
  6. 汁を火にかけ、アクをすくう
  7. 汁の半量〜同量の砂糖を入れる
  8. 汁に粘性が出てきたら、好みの度合いになる少し前に火を止める
  9. 熱いうちに瓶に詰め蓋をし、密閉する

 

砂糖は、したみ汁の半量まで減量できるが、保存性は落ちるので塩梅で調整。

好みの固さになるまで火にかけると、仕上がる頃には固くなりすぎてしまうので、手前で調理を止める。

どのくらい固くなるかというと、ほんとに固いゼリーという感触まで固まる。f:id:oh_musubi:20170603230135p:image

 

そう、2014年の際は、火を入れすぎて固くしすぎてしまったのだった。

いつか、リベンジする時には、気をつけよう。 

グレープフルーツシロップのレシピ

f:id:oh_musubi:20170603191547p:image昨年は悪阻で梅シロップを作る気になれなかったが、グレープフルーツは悪阻に効く人もいるしなと、ピンクグレープフルーツでシロップを作ったのだった。

ちなみに、グレープフルーツで作ったのでグレープフルーツシロップとしてメモするが、青梅でも何でも、どの果実を使ってもいい。同量の氷砂糖を組み合わせるのも同様。

 

果実酒用瓶は昔に無印で買った。

いま無印で扱っているのはセラーメイトのOEMのようだけど、持っているのはその前に扱われていた、アデリアのOEM。無印で売っていた、蓋が白のものはもう買えないけれど、色違いなら今でもネットで買える。

アデリア 梅酒・果実酒ボトル 2L ピンク:Amazon.co.jp:家電/生活雑貨

 

保存用瓶は、ボルミオリ・ロッコを使用。

Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) スイング ボトル 0.5L 3.14740:Amazon.co.jp:家電/生活雑貨

 

材料

  • グレープフルーツ 適量
  • 氷砂糖 果実と同量
  • 酢 果実が600g程度のとき、30ml程度
  • ホワイトリカーやウィスキー等、度数の高い酒 少々(煮沸消毒できない場合)

 

下準備

  • 果実酒用瓶、保存用の瓶を消毒する。煮沸する場合は、鍋に入れて瓶が沈む量の水を張り、水から湯がく。綺麗な布巾を敷いて箸を渡す。瓶を、口を下にして箸の上に置き、自然乾燥させる
  • 瓶を煮沸できない場合は、酒を回し入れて捨てる

 

手順

  1. グレープフルーツの皮を、実に残らないよう剥く
  2. 果実、氷砂糖の順に重ねる。一番上に氷砂糖が来るよう、分量を調整するf:id:oh_musubi:20170603191547p:image
  3. 発酵止めに酢を入れ、果実に行き渡るように瓶を回す
  4. 氷砂糖が溶けてきたら、シロップが果実に行き渡るように、瓶を回したり一瞬天地を逆にする
  5. 2週間経ったら果実ごとホーロー鍋に出して火にかけ、アクをすくう
  6. シロップは網や布巾、ペーパーフィルター等で濾して、熱いうちに保存用の瓶に注いで栓をする(写真では濾してないが、濾した方が見映えがいい)f:id:oh_musubi:20170603203108p:image

 

シロップは、そのまま保存する場合は半年から1年は保つ。開栓したあとは早めに飲みきる。

果実はヨーグルトに混ぜるとおいしい。

 

果実シロップのレシピをネットで見ると、

常在菌で発酵させる!自分の体にあったものができる!

とかいう触れ込みで、

素手を瓶に突っ込んでシロップを回すーしゅわしゅわと発泡したら成功ー

といったものが出てくるのだが、常在菌=良い菌という思い込みで、とても不衛生なことをしていてゾワッとする…。

また、それで発泡酒ができることもあるが、無免許で酒を作ってしまった場合、法に触れることもあるのでご注意を…。 

ふと、ランビックのカテゴリに含まれるのだろうか…? と思ったが、それって醸造家の方々に失礼だな。

 

来週は梅シロップを仕込む予定。

アイスクリームメーカーでヨーグルトジェラートのレシピ

f:id:oh_musubi:20170602095323p:image

昔、deliciousというソーシャルブックマークサービスがあって、そちらに気になったレシピのページや、自分のレシピをまとめていたのを思い出した。

deliciousでサーバエラーが出るようになってずいぶん経つ。残念に思ったけど、そんなこともあるよなあ…

 

一昨年くらいからアイスクリームメーカーが欲しくて、今年ついに購入した。

アイスクリームメーカーは、貝印の1Lだとか作れるものや、予冷のいらない大容量のものも考えたけど、結局お手軽なアイリスオーヤマのものを購入した。

こちらは200mlまでしか材料を入れられないのだが、2人で食べる分にはちょうどよかった。蓋とモーター部は外せて、蓋と本体は洗剤で洗えて清潔に使えるのもいい。

 

なかしましほさんのフローズンヨーグルトのレシピを転用して、ヨーグルトジェラートを作成。
なかしましほさんのフローズンヨーグルト、生クリームを使ったレシピ - 北欧、暮らしの道具店

ジェラート200ml+α分。元レシピだと甘く感じたのでレモン汁を増量した。

レシピでは材料が少し残ってしまうけど、それこそフローズンヨーグルトでいただいてしまえばいい。

 

材料

  • ヨーグルト 100ml
  • 生クリーム 100g
  • コンデンスミルク 50g
  • レモン汁 大さじ3

 

下準備 

  1. 予冷が必要なアイスクリームメーカーを使う場合、あらかじめ冷やしておく。8時間冷やすように書いてあるものが多いと思うので、前の日のうちに。

 

手順

  1. ボウルに材料を入れ、泡立て器でよく混ぜる
  2. 時間に余裕があれば、冷蔵庫で冷やす
  3. アイスクリームメーカーに注ぎ、スイッチを入れる。アイリスオーヤマアイスクリームメーカーの場合、写真のようなゆるいテクスチャになるまで、10分程度かかった。f:id:oh_musubi:20170602095344p:image

 

ジェラートらしい感触になるまでは、30分くらいかかった。連続稼働時間が30分なので、オーバーしないように注意。 

冷凍フルーツを入れたり、ヨーグルトにドライマンゴーを漬けて戻して刻んだのを混ぜ込んだり、色々楽しむ余地がありそう。

どのアイスクリームメーカーもそうだろうけれど、自分は駆動音が気になった。人のいない部屋で作った方がいいかもしれない。

 

アイリスオーヤマはエアコンといい、ずいぶんと広く手がけるようになってきたなあ。

シャープや東芝があんなになったって、また別のメーカーが奮い立つのを見ると、まだまだ楽しいこともあるよね、と思う。

圧力鍋でザ・カスタードプリンのレシピ

f:id:oh_musubi:20170530193709p:image今はトロトロだとか甘さ控えめだとか、ほんとうに色々なプリンのレシピがあって魅力的だけど、人のアレンジレシピが自分に合うかはわからない。また、ニュアンスに頼るレシピもあってそれはそれで困ったりする。

なのでまずは自分の基本のプリンのレシピを決めたので、メモ。基本があれば、アレンジも楽…なはず…。

 

出来上がり量550ml程度。グラスなら4個分、プリン型なら8個分くらい。

VMFの圧力鍋を使用。

 

材料

  • 全卵 3個(今回はMサイズ)
  • 牛乳 360ml
  • 砂糖 90g
  • バニラエッセンス 少々
  • カラメルタブレット 8粒(または自作)

 

下準備

  1. カラメルタブレットを器に入れておく。喫食時にプリンを皿に出す場合は、器にバターか油を塗っておく
  2. 圧力鍋に水を張り、蒸し器を敷く。水は鍋を空焚きしないためなので、鍋底に行き渡る量でOKf:id:oh_musubi:20170530193723p:image

 

カラメルを自作する場合

  • 砂糖 80g
  • ぬるま湯または水 50ml程度
  1. 砂糖を火にかける。鍋を回す程度しか手をかけないこと。鍋を振りすぎる、混ぜすぎると結晶に戻るらしく失敗する
  2. 泡が大きくなり、液がねっとりとして薄茶色になったら、火を切り、余熱で調理を続ける
  3. 焦げ茶色になったらぬるま湯または水を入れる。強く跳ねるので注意
  4. 器に入れる。冷えるとカラメルが固まるが、プリンができあがった際には、材料の水分で液体になるので問題なし
  5. カラメルを作った鍋は、熱湯を注いでカラメルを溶かしてから洗う

 

手順

  1. 牛乳に砂糖を加え、火にかけて溶かす
  2. 牛乳が冷めたら、バニラエッセンスを加える
  3. 卵を溶く
  4. 卵に牛乳を加え、混ぜる
  5. 3〜4回漉すf:id:oh_musubi:20170530193759p:image
  6. 器に注ぐ。気泡は竹串で刺すか、マッチやチャッカマンで炙ると消えるf:id:oh_musubi:20170530193805p:image
  7. 器にラップをかけ、圧力鍋に置く
  8. 圧力鍋を火にかける。低圧がかかったらすぐに火を切り、蓋を開けずに15分程度放置するf:id:oh_musubi:20170530193813p:image
  9. プリンに竹串を刺し、液が出てくるようならまた火にかける。液が出てこなくなるまで手順を繰り返す(自分は2回目で固まるが、鍋や量、器の素材で変わってくるはず)f:id:oh_musubi:20170530193822p:imagef:id:oh_musubi:20170530193825p:image
  10. 鍋から器を取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

 

ビールイベントのグラスがたくさんあるので、こういうときは率先して使っているのだけど、見てるとまたイベントに行きたくなっちゃう…罠…